Welcome!

カークランドとIGF-1の理論を組み合わせると驚くべき効果を発揮しました

3月 31st, 2015

私はもう40歳になるのですが、同年代の人と比べても薄毛の症状はとても酷く、隣に立つことに抵抗感を感じていました。症状は前頭部から側頭部にかけて薄毛が広がり、所々に申し訳程度に産毛が生えている状態です。
M字どころか、ほとんどU時状態で耳の上まで薄毛になっているほど深刻でした。

勿論様々な国産の育毛剤を試したのですが、効果はありません。困り果てた私はついに個人輸入を決断しました。
私が手に入れた製品は血行を促進する効果があるミノキシジル系の育毛剤であるカークランドです。
実際国内の情けない製品とは違い、カークランドは使い始めて3ヶ月ほどで育毛効果を発揮しはじめます。側頭部や前頭部の髪の成長が助けられはじめたのです。

ですが、やはり成長する髪は頼りない細い毛ばかりです。ですから、せっかく生えても抜けてしまうのではないか、細い毛だから地肌がまだ見えてしまっている等の不満がありました。
そこで、大豆と唐辛子を合わせて摂取するというIGF-1の理論を組み合わせる事にしました。
これは国内の大学教授が提唱した有名な論文で、大豆と唐辛子に含まれる成分を同時に摂取すると孟母細胞に刺激が与えられ、発毛が助けられて太くたくましい髪ができるというものです。上記二つの食べ物を摂取するだけで良いのですからとても簡単な点もメリットです。

実際カークランドとIGF-1を同時に摂取すると、髪は驚異的なスピードで成長、黒々とした若さを感じさせる髪が手に入りました。
知人などからはカツラや植毛ではないかと疑われてしまう日が続き、証明するのがとても大変で困っています。

馬鹿にしてはならない薄毛の悩み

3月 20th, 2015

胸の小ささで悩んでいる女性の気持ちが理解できないように、薄毛で悩んでいる人の気持ちは他人には絶対理解できません。自分も同様の経験をして、初めてこの悩みの深刻さに気がつくのです。ですから、どのような理由があろうとも薄毛の人をハゲだと馬鹿にしてはならないのです。
よくお笑い番組とかを見ていると、薄毛であることをネタにして笑いをとろうとする芸人がいます。このネタで笑えるのは、おそらく薄毛で悩んだことがないという人だけでしょう。自分が薄毛だったら笑うことなんて絶対にできないはずです。ここで笑うというのは、自分が薄毛であることを笑うのと同じことになってしまうからです。
誰しも薄毛になりたくてなったいる人なんていません。遺伝や性別に、病気といった肉体的不都合によりしかたなくこの状態に追い込まれてしまっているのです。頭を丸めることを肯定する僧侶のような立場でもないかぎり、ほとんどの人はふさふさした髪の毛に憧れています。
薄毛だからといって自分の命がどうこうするようなことはありません。あくまで外見が不自然に見えてしまうということだけです。そんなことで悩むなんて馬鹿げていると、一喝する人もいるかもしれません。しかし、この薄毛であるということだけで人の人生は大きく変わってしまうことがあるのです。

適切な薬を使用すればAGAは改善します

3月 12th, 2015

さまざまな抜け毛の症状がありますが、最近では男性型脱毛症という症状が注目を集めるようになっています。男性型脱毛症の症状であれば、きちんとした治療を受けることで改善させることができます。男性型脱毛症は、AGAと呼ばれることもあり、研究が進められてきた分野なのです。以前から、医療機関において脱毛の治療を行っていることが多かったですが、AGAに悩まされる患者の数が増えてきたことで、AGA専門外来を設置する医療機関が目立つようになりました。

AGA専門外来であれば、AGAの症状に悩まされている患者ばかりが訪れているため、通院する際に恥ずかしい気持ちになる必要がありません。また、医師もAGAについて熟知しているため、スムーズに治療を進めてもらうことができるのです。AGAの治療では、適切な薬を使用することが大切です。抜け毛の症状を手軽に改善させようとする人は、育毛剤・発毛剤を買ってきてしまいますが、育毛剤・発毛剤だけでAGAに対処するのは困難です。

自分の判断では、使用する薬の量を正しく決めることができません。薬を使用する際は、1日の回数、1回あたりの量をきちんと管理する必要があるため、医師のアドバイスを受けることは必須なのです。

ちなみに、一般病院の皮膚科でもAGAの治療を行っていますが、AGA皮膚科の治療は、主にAGAの進行を止める治療で発毛の治療は行っていないのです。
ですので、発毛を期待している方は、皮膚科ではなくAGA専門外来で治療することをおすすめします。

恥ずかしがらずに治療を受けることが大切です

3月 5th, 2015

現代は、髪の毛に関する悩みを抱えている人が、昔と比べて多くなっているという特徴があります。中年になってからの抜け毛・薄毛であれば、仕方のないことだと受け入れることができる人も多いですが、若い世代の場合は悩みが大きくなってしまいます。まだ20代なのに抜けてきてしまうという人が増えているのです。しかし、20代の抜け毛は男性型脱毛症という症状の場合が大半なので、きちんと医療機関で治療を受けることで改善させることができます。髪の毛の悩みを抱えるようになると、自分に自信を持つこともできなくなってしまうため、早めに治療を開始しなければなりません。

男性型脱毛症の場合は、専門外来での治療を受けるのが原則です。脱毛の治療を得意としている医師の診察を受けると、どのような原因で抜けてしまったのかが明確に分かります。抜けてしまった原因によって、行うべき治療は変わってくるのです。安易な自己判断で対処してしまうと、結果的に改善が遅くなってしまう危険があります。

治療を受けることは、誰にとっても恥ずかしいものです。しかし、その恥ずかしさを乗り越えて治療に踏み切った人は、悩みから解放され、快適な生活を送ることができるようになります。

薄毛に悩みすぎるのもよくない

2月 25th, 2015

薄毛に悩んでいる人というのは、本気で悩んでいることと思います。
ただ、1ついえるのは悩みすぎると、それは逆効果になりすぎるということです。
ストレスも当然薄毛の原因になりやすいですから、そうなると精神的な部分というのも薄毛には大きく作用していると思われるのです。
とはいっても、気になるものは気になってしまいますよね。
薄毛が気になっている人が気にするなと言われてもそれは厳しいです。
じゃあ、どうするべきか?それは誰かの相談に乗ってもらうのが1番良いと思います。
当然、薄毛自体がストレスになることもありますし、ストレスが溜まるとまた薄毛になりやすくなる。
それを食い止めるには治療をしながら、カウンセリングみたいな相談に乗ってもらうことです。日々のストレスとか、悩みを専門家に打ち明けながら治療できるところもありますよね。
そういったところを利用すると、ストレスを緩和するというか、溜まったいるストレス、悩み、不安が多少マシになることがあります。
付き合ってくれるのは薄毛治療についてのプロの方ですから、当然適切なアドバイス等をくれると思います。
そういった生活の仕方で薄毛と向き合い、治療していくと、改善の兆しが見え始めるかもしれません。

夏や秋に薄毛を解消する為の需要が増加

2月 23rd, 2015

人間の髪の毛の状態は、季節と大きな関係があると言われています。一般的に夏のシーズンになりますと、ちょっと髪の毛の状態が悪くなってしまう方々が多いと言われているのです。
そもそも日本の夏は、高温多湿ですね。あの環境は、やはり髪の毛に対しては良い影響が無いのだそうです。
そもそもあまり多くの湿度は、髪の毛に対するネガティブな影響が懸念されています。また直射日光を浴びてしまいますと、もちろん紫外線が頭皮に当たってしまいますね。それで髪の毛に対する悪影響が発生して、薄毛になってしまう事も多いと言われています。
それが理由なのか、薄毛を解消する為の薬の販売件数は、ちょっと夏の時期に伸びる事が多いのだそうです。確かに冬や春の時期などでもその薬剤はそこそこ売れるのですが、むしろ夏や秋口の方が販売件数が多くなる傾向があります。理由はシンプルで、夏の日差しでダメージを受けてしまっている頭皮をケアしたいと考えている方々が多いからです。
もちろん薬だけでなく、医療機関の患者数も増えてくると考えられます。髪の毛の本数に問題が発生した時には、医療機関でそれを解消する事も可能なのですね。ですので秋口などは、やはり医療機関の患者数は増加すると推理できます。
このように薄毛治療に対する需要というのは、夏などのシーズンと大きな関係がある訳ですね。

正しい洗髪で薄毛にならないようにする

2月 23rd, 2015

薄毛が進行するかどうかは、頭皮の状態に左右される一面があります。あまり頭皮の状態が良くないと、やはり抜け毛が促進される傾向があるからです。ところでなぜ状態が悪くなってしまうかと言うと、普段の洗髪のやり方に問題がある事があります。
そもそも洗髪をするべきなのは、髪の毛ではありません。あくまでも頭皮部分ですね。つまり髪の毛が入っている根元の部分に対して、洗髪をしてあげる必要があるのです。
まずこの点が一番大切ですね。頭皮を洗わずに髪の毛ばかり洗っていても、かえって薄毛が促進されてしまう可能性があるからです。普段お風呂で頭を洗う時には、まず髪の毛の根元を意識するのが大切だと考えます。
このように聞くと、たまに頭皮に対して爪を立ててしまう方がいらっしゃいます。実はそれを良くありませんね。
爪で引っかいてしまえば、やはり皮膚に対しては傷が残ってしまいます。皮膚に対する傷は、体毛に対する悪影響もあるのですね。ですので普段頭を洗う時には、爪を立てないようにするのも大切なのですが。
このような事を踏まえると、やはり正しい洗髪方法を覚えるのが大切だと思います。間違った洗髪方法を超えてしまうと薄毛が促進されてしまう可能性があるので、正しい知識を身につけるべきですね。